ショートでも振袖に似合う髪型の作り方

成人式や結婚式に招かれた時、振袖を着る機会がありますよね。
その際、ロングヘアと違ってショートの人は、髪の毛が短い分、アレンジがしにくくて髪型に困った、ということをよく聞きます。

振袖のレンタルなら一蔵 カタログも多彩に充実! 振袖の専門店の情報をご案内しているサイトです。

実際、本当は短い髪型が好きだけど、成人式の日にアップスタイルにするためにその日まで我慢して伸ばしたという人もいます。



振袖にはアップが定番ですが、髪が短くても、振袖に似合う髪型はできるんです。

一番簡単なのはヘアワックスで動きをつけることです。

でもそれだけではちょっと物足りないという人には、ショートヘアで作るモヒカンスタイルがお勧めです。アレンジの仕方ですが、まずワックスで頭頂部から鉢にかけての髪の毛に動きを付けます。


ハード系のちょっと硬めのワックスでクセ付けしていきましょう。次に少量の髪を取って、人差し指と親指で軽くねじりましょう。
頭の鉢の位置で作っていきます。

ねじったらヘアピンで留めます。


中央に寄せる感じで髪をねじってはヘアピンで留める、を繰り返します。こうして鉢の部分の髪の毛をねじって立ち上げてはヘアピンで固定する、を繰り返すと、だんだんパイナップルの葉のように髪の毛が立ち上がっているのが鏡で確認できると思います。

ヘアピンをいっぱい使いますが、細かく立ち上げた方が仕上がりがきれいです。



モヒカンスタイルができあがったら、立ち上がった髪の毛に櫛を軽く使って、逆毛をたてましょう。

逆毛にすることでボリュームが増えて見栄えが良くなります。

最後に前髪を整えますが、横に流すとスマートに見えます。
ピンが見えるのが気になる人は髪飾りで隠してもいいでしょう。

そこまでする長さもない人は、大きめの髪飾りを付けるだけでも、おしゃれにみせることができます。ここでは自分でできるアレンジ方法を書きましたが、プロの美容師にお願いしたらよっぽど短くなければ、逆毛やカール等、テクニックを駆使してアップスタイルにしてくれますよ。